交通事故に遭遇してしまった時に行う7つの事 その⑤ | 豊橋市 大手口コミサイト上位のふたば接骨院

  • 電話番号
  • フリーダイヤル
アクセスマップ
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!
〒441-8107 豊橋市南栄町字空池8-104

交通事故に遭遇してしまった時に行う7つの事 その⑤

2021/07/01 | カテゴリー:トピックス

DSC03729

 

こんにちは、ふたば接骨院です。

 

今回の投稿はシリーズ(?)ものになっています。

 

初めからお読みになる場合はこちらをご覧ください

 

このページではもしもあなたが交通事故に遭遇してしまった時に行う7つの事の5つ目についてお話をさせて頂きます

 

⑤実況見分調書の作成

 

事故現場に警察が到着すると、当事者立ち合いのもとに「実況見分調書」が作成されます。

実況見分調書に記載されるのは、”作成日””作成者””見分日時””場所””立会人””現場道路や車輌の状況””立会人(被害者・加害医者・目撃者など)の説明”などです。

また、現場の見取り図や写真なども添付されます。

警察は最初に相手を発見したり危険を感じた場所、ハンドルを切ったりブレーキをかけたのはどこか?実際にぶつかった地点などを、被害者・加害者双方に質問してきます。

この時、相手はあなたと違う事を主張することが多いですが、あなたは感情的にならず、冷静にあなたの記憶している事実を伝えること大切です

【実況見分調書とは・・・交通事故の現場で警察官が事故の当事者や参考人の立会いのもとで現場の状況や事故の発生状況の調査を行い、その調査結果をまとめた書類の事】

 

 

さて、この実況見分調書の作成がなぜ大切かというと

保険会社はこの実況見分調書に基づいて、当事者の過失割合を算定するからです。

救急車を呼ぶほどのけが人が出ない限り警察ではまず「物損事故」として処理をします。

事故のあとに痛みやむち打ちの症状が出た場合は速やかに診断書を警察に提出し

「人身事故扱い」に切り替えてもらってください。

 

豊橋市ふたば接骨院・整体院は、豊橋市で唯一「むち打ち治療協会」から認定されております。

交通事故専門の知識・技術を持ったスタッフが対応させていただきますので、

交通事故後の対応や治療のことでお困りや不安があれば一度ご相談ください。

 

⇒⇒⇒交通事故・むち打ちについて詳しくはコチラ

 

当院ではコロナウィルス対策を実施しております。

⇒⇒⇒詳しくはコチラ

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

■豊橋市 ふたば接骨院HP

http://www.futaba2005.co.jp/

■豊橋市 ふたば接骨院の交通事故専門HP

http://www.muchiuchi-toyohashi.com/

■おかげさまで豊橋市で口コミNo1 豊橋市 ふたば接骨院のエキテン

http://www.ekiten.jp/shop_6035426/

      住所:豊橋市南栄町字空地8-104

TEL:0532-46-4355

<受付時間>

月~金 8:00~13:00 / 15:00~21:00

【受付:12:00まで(交通事故の方は12:30まで)/20:00まで(交通事故の方は20:30まで)】   

土    8:00~17:00

【受付:16:00まで(交通事故の方は16:30まで)】

日・祝 休診

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

トピックス一覧へ戻る

お問い合わせご相談ください
施術者募集中!
電話番号

トピックス一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

トピックスの一覧はこちら

facebook