クマの種類 -美容鍼- | 豊橋市 大手口コミサイト上位のふたば接骨院

  • 電話番号
  • フリーダイヤル
アクセスマップ
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!
〒441-8107 豊橋市南栄町字空池8-104

クマの種類 -美容鍼-

2021/12/23 | カテゴリー:トピックス, 美容ブログ

APD_2212

目の下にできるクマ、あると無いで印象がガラッと変わりますよね!

実はクマにも種類があるの、ご存じでしたか?

大きく分けて3種類のクマが存在していて、それぞれ特徴や出来てしまう原因が違うんです。

 

 

まず一つ目は茶クマについてです。

茶クマの特徴としては、

目の下がくすんでいる印象があり、皮膚を指でひっぱってもクマが消えず、皮膚と一緒についてくるのが特徴です。

また、引っ張ったときに色が薄くなったりするような変化がみられないところもあります。

原因としては、アトピー性皮膚炎をもっているorもっていた方はなりやすいと言われています。紫外線やお肌の乾燥、目の周りをこすることで刺激をうけてしまうなどダメージの蓄積によっておこります。また、色素沈着(アイメイクの落としのこし、合わない化粧品による肌荒れ)も原因となります。

これらは、ターンオーバー(お肌が生まれ変わる周期)が乱れ古い角質が剥がれ落ちず厚く残ってしまっている状態のため、ターンオーバーを整えることで改善が期待できます。

 

二つ目は青クマについてです。

まぶたの皮膚は0.6mmと言われており非常に薄いのですが、加齢によりさらに薄くなるともいわれています。

なぜかというと年を重ねるごとにまぶたの脂肪の量が減ってくるため、目立ちやすくなってしまいます。また、血行不良も原因となります。

青クマと言われるのは、皮膚の下の静脈が透けて青っぽく見えるためです。

疲れやストレス、寝不足なども原因の一つとなります。

また、引っ張るとクマの色が薄くなるのも特徴です。

 

三つめは黒クマについてです。

一番多いとされていて、なんと黒クマはクマの95%を占めているとされています。

下まぶたが段差になって影が出来ることで黒く見えます。

鏡を上の方で持ち、覗き見ようとするとクマの色が消えるのが特徴で、逆に下の方に鏡を向けると濃く見えるようになっています。

加齢により目の下にある脂肪が出てきたり、皮膚のたるみ、筋肉(眼輪筋)の衰えが原因となります。

お肌がたるむことでハリが減少し、皮膚がくぼんでいるように見えます。

また、目元の小じわでも黒クマがみえることがあります。

 

ここまでクマの種類についてお伝えしてきましたが、それぞれの原因を解決することでクマとのお別れが期待できます!!

解決策として、茶クマはターンオーバーの乱れを改善、

青クマは血行不良により起こるので目の周囲の血流を良くすることで改善

黒クマたるみを改善させてハリを取り戻すことで改善可能です!

 

美容鍼ではそれらに対するアプローチが可能なので、興味のある方は是非一度ご相談ください!

 

ふたば接骨院・鍼灸院について詳しくはコチラ

 

ふたば接骨院美容鍼ページの紹介はコチラ!

トピックス一覧へ戻る

お問い合わせご相談ください
施術者募集中!
電話番号

トピックス一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

トピックスの一覧はこちら

facebook