ぎっくり腰はどうして起こるの? | 豊橋市 大手口コミサイト上位のふたば接骨院

  • 電話番号
  • フリーダイヤル
アクセスマップ
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!
〒441-8107 豊橋市南栄町字空池8-104

ぎっくり腰はどうして起こるの?

2022/04/29 | カテゴリー:トピックス

ぎっくり
・最近腰に違和感がある

・起き上がった瞬間腰に痛みが走った

・重いものを持ち上げた瞬間腰がグキッときた

・腰が痛くて前かがみがつらい

・家事をするときに腰が痛くてずっと立ってることが出来ない

 

こんなことでお悩みではありませんか?

 

急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまうと痛みが強くすぎて何もできなくなってつらいですよね。

急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまうタイミングとしては、くしゃみをしたときや重い荷物を持ち上げたとき、起き上がった時や立ち上がった時などいつもなら何気なく行なっている動作でも急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまいます。

ではなぜ普段痛みもなく行なっているような動作でも急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまうのかというと、根本的な原因として、普段の生活習慣からや姿勢からくる骨盤や背骨の歪みが関係している可能性が考えられます。

 

骨盤や背骨をゆがませてしまう原因としては、

・柔らかいソファーによく座る

・足を組むことが多い

・デスクワークで良く猫背になってしまう

・携帯を触るときに首を下に傾けて触っている

・よく片足に重心をかけて立っていることが多い

 

このような動作や姿勢を繰り返し行うことで骨盤が歪み、背骨が丸くなってしまいます。

そうなることで気づかないうちに腰に負担をかけて、その負担が蓄積されて耐え切れなくなり、急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまいます。

 

急性腰痛(ぎっくり腰)放置していると、痛み自体はしばらくしたらよくなる可能性はあります。ですが、腰の痛みに耐えながらこのまま日常を過ごしていると痛みがいつまでも長引いてしまう可能性もあります。さらに一度痛みが治ったとしても骨盤や背骨に同じ歪みがあることでまた同じ部分に強く負担がかかり同じように急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまい、繰り返し急性腰痛(ぎっくり腰)になってしまう可能性があります。

 

豊橋市ふたば接骨院・鍼灸院の急性腰痛(ぎっくり腰)に対しての治療法としては、まず急性腰痛(ぎっくり腰)は腰に炎症が起きている状態になっているため、まずは炎症を抑えるように治療をさせていただきます。腰の炎症が落ち着いてきたら急性腰痛(ぎっくり腰)を起こしてしまう根本的な原因となる背骨や骨盤の歪みを整えることで急性腰痛(ぎっくり腰)の再発をしないように施術をさせていただきます。

 

また、お身体の良い状態をキープできるようにご自宅でも簡単に行える運動やストレッチをお伝えさせていただきます!!

 

もしお身体のことで痛みやお悩みがありましたら、お気軽に豊橋市ふたば接骨院・鍼灸院へご相談下さい!!

 

豊橋市ふたば接骨院・鍼灸院について詳しくはコチラ

 

ぎっくり腰について詳しくはコチラ

トピックス一覧へ戻る

お問い合わせご相談ください
施術者募集中!
電話番号

トピックス一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

トピックスの一覧はこちら

facebook