自転車と人の交通事故 | 豊橋市 大手口コミサイト上位のふたば接骨院

  • 電話番号
  • フリーダイヤル
アクセスマップ
交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります!
〒441-8107 豊橋市南栄町字空池8-104

自転車と人の交通事故

2022/01/17 | カテゴリー:スタッフブログ, トピックス, 豊橋交通事故治療ブログ

こんにちは。

ふたば接骨院・鍼灸院です。

みなさん、交通事故と言うと普通に考えて車で起こすものと思われていると思います。
もちろん、車での事故が多いことは間違いありません。

しかし、昨今のエコブーム、コロナウイルスの蔓延による環境の変化により自転車での移動が増えた方も多いのではないかと思います。

じゃあ、車と自転車の事故が増えてるの?と思われるかもしれませんが、実は自転車関連の交通事故件数自体は減少傾向にあります。

ならどういう事?と思われるかと思います。
自転車は、運転免許が不要で、子供から高齢者まで気軽に乗ることができます。エコ意識の高まりや健康志向から自転車通勤が増えているのはもちろん、健康志向と趣味を兼ねたツーリングを楽しむ人も増えており、自転車に乗る人口は増えてきているのではないでしょうか。
その為、交通ルールの変化・徹底、道路の整備が進み、車道を自転車が走るということに、自動車のドライバーも慣れてきたという要因もあるかもしれません。

しかし、自転車関連の交通事故件数は減少傾向にある一方、自転車乗車中の死者数の占める割合は増加する傾向にあります。
つまり、車と自転車ではなく、「自転車と歩行者」の事故が増えていると言いう事でもあります。

そして近年では自転車が歩行者と事故を起こし、裁判の末、高額な賠償請求を受ける判決も注目を集めています。

加害者側が車の場合、自賠責保険によって最低限の賠償を受けることができます。

しかし、自転車には自賠責保険のような制度がないので、運転者の賠償責任が認められたとしても、実際に支払ってもらえるか、また支払えるかどうか不安は残ります。

また車の事故の場合は自賠責保険の限度額を超える損害が出た場合でも、任意保険でカバーされることが多く支払いに困ることは少ないですが、自転車の事故の場合、任意保険の加入も自動車の任意保険の付帯契約でついているものもありますが自動車の保険ほど普及していません。

つまり加害者の責任が認められても、保険でカバーされなければ、実際に支払を受けることができるかどうか不安が残ります。

もし、自転車との事故に遭ってしまったら、まずは、警察に連絡すること、これがまず第一歩になります。
そして、相手の確認。
もし加入して入ればご自身の保険会社に連絡することもなさった方が良いでしょう。
その後の対応のアドバイスや加入している保険サービスによって変わりますが、いろいろな補償を受けることができる可能性があります。
状況次第では保険会社が相手方の保険会社の対応をしてくれる可能性もあります。

どちらにしても、事故に遭われる前にご自身の加入されている自動車保険の加入内容を確認されておくことをお勧めします。

ケガの治療に専念したいのに相手の保険会社からの連絡に対応をしなくてならず、心身ともに非常に大きな負担になってしまいます。
「弁護士費用特約」があれば、むちうちのような軽傷の交通事故でも弁護士費を心配せず、弁護士に相談・依頼ができ、安心して治療に専念できるのです。

豊橋市のふたば接骨院・整体院は連携している整形外科だけでなく弁護士もいます。

特に、当ふたば接骨院からの紹介であれば、万が一、弁護士費用特約に入っていなくても、優遇され同じく金銭的負担は限りなく少なく依頼が可能になります。

 当ふたば接骨院・整体院は治療面でのサポートだけでなく、このような慰謝料などのお悩みも含め精神的なサポートまでさせて頂きます。

後遺症を残さないためにも、ご納得された上で治療に専念しましょう!

 

 

交通事故の無料相談も行っております。

⇒⇒⇒無料相談のお申込みはコチラ

 

⇒⇒⇒交通事故によるおケガについて詳しくはコチラ

 

⇒⇒⇒むち打ち症について詳しくはコチラ

 

⇒⇒⇒豊橋市ふたば接骨院・鍼灸院について詳しくはコチラ

スタッフブログ一覧へ戻る

お問い合わせご相談ください
施術者募集中!
電話番号

トピックス一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

一覧はこちら

トピックスの一覧はこちら

facebook